着物の移動

年明けに入籍し、通販でだけれどマンションにも置けるような
シンプルなデザインの桐の箪笥を買ったので
今回帰省したついでに、実家に置きっぱなしにしていた着物の残りを
丘の上の今の住まいに引き取ることにした。

結婚前にすでに袖を通したものばかりで、
しつけ糸がついたままのものは一枚もないけれど、
ほとんど袖を通す機会がなくても、このまま置いておくというワケにもいかないので
訪問着や色留袖も横浜へ移動させることにした。

また、結婚して親が4人になったので、この先のことも考えて、
喪服もすべて引き取ることにした。
富山の風習か、娘が年頃になると着物を揃えはじめるとは聞くものの
しがない建具職人の家で、よくまあこれだけ才覚したものだと感心する。

さいわいにまだ出番はないものの、平素の今のうちに
喪服のしつけ糸をとっておこうと思う。
ご年配に聞くと「喪服は一度に全部を揃えてはいけない」そうだ。
新しく全てを調えてしまうと、
かえって喪を招いてしまうということらしい。
だから、母親は草履を用意しなかった。
草履はそのうち私が用意して、すぐに一度
足を入れて下ろしてから仕舞っておこうかと思う。

しか~し、この着物、果たしてぜんぶ箪笥に納まるのか?
なんだかイヤな予感がしないでもないけど、
ま、なんとかするしかないかなあ~。
Commented by sogno-3080 at 2010-11-17 17:59
つくづく親ってありがたいなあ、と思いますよね。
息子でよかった、って甲斐性のない親は思ったりします。
ご両親が準備してくださったお着物って
どんなかしら~ いつか機会があったらちらっと紹介
してください。富山の土産話しも期待しています!
Commented by team-osubachi2 at 2010-11-17 22:16 x
sognoさん
母親がせっせと着物をこさえていた時期、私まだ着物に興味がなかったんですよ~。26才の夏に着付けをちょこっと習って以来、母親との距離が近くなり、一つ孝行できたかな~、なんて勝手に思っています(笑)。
しかし、礼装、着る機会がとんとなくなりました。チャンスがあったら、お茶でもまた習いますか。
Commented by すいれん at 2010-11-18 11:02 x
tomokoさま
そうそう、最近では世の中がカジュアル化してなおの事、礼装する機会が減りましたよね。知り合いの結婚式も昔は色留め袖でしたが、今は訪問着か付け下げでいいくらい。しかし、箪笥にきものが治まらないとは・・・羨ましい。
Commented by team-osubachi2 at 2010-11-19 00:10
すいれんさん
私の箪笥といっても一竿だけですし、どうなんでしょう。キモチとしては少数精鋭でいいな〜、な〜んて思うくせに、ついつい他のものも欲しくなってしまいます。欲ですねえ。
すいれんさんのお着物、それこそ精鋭ばかり揃ってるってカンジがしますよ〜。
Commented by はつき at 2010-11-19 14:54 x
おやってありがたいですねー。私は多くはないけれど、親に誂えてもらった着物を何とか着たいと思ったのが、着物にはまるきっかけでした。
自分で買ったものはリサイクルが主なのですが、親に誂えてもらったものは人様に褒められることが多く、そんな点からも親に感謝しています。
Commented by team-osubachi2 at 2010-11-19 23:18
はつきさん
本当ですね〜。私も自分で買った着物や帯の大半がリサイクルもので、紬などの普段着ばかり。
これから先、年を重ねてもキチンとしたお席に着られるような着物があるって、本当にありがたいことだなあ〜って思います。自分ではそこまで用意できなかったでしょうから。あらためて親の支度に感謝するこのごろです。
by team-osubachi2 | 2010-11-17 11:49 | 着物のこと | Comments(6)