個展の着物備忘録(2010年秋)

個展の準備中はバタバタしていて、出かける機会もなかったことから
二ヶ月ほどは着物を着ることもなく過ぎていった。
なので会期中はなるべく着物を着ることにした。

しかし、毎年のことながら、10月のあたまはまだまだ暑さが残り、
気温も25度を越えた日が多かった。
また、個展とはいっても、大よそゆきを着るような業界や規模ではないので
着るのはもっぱら普段着なみの紬や木綿の単衣だ。

今回はほとんど座るヒマもなかったほどにお客さまが多く、
カメラを持参していても、写真を撮ることに気がいかなかった。
なので、これは個展の期間中に袖を通した着物の備忘録として
記しておこうと思う。

*10月4日(月)
f0229926_21325932.jpg

初日の着物は、結城小倉の今幡部の単衣。
遠目には無地に見える縞で、サラリとした手触りが心地よく風も通りやすい。
汗っかきの私には、湿気に弱い塩沢よりもこちらが向いている。
帯は紬の八寸名古屋。個性的な品揃えが多い自由が丘の扇屋さんで
だいぶむかしに求めたものだが、今も気に入ってよく締める帯のひとつ。
淡い草色の綸子の帯揚げ、蘇芳色の帯締め。

*10月5日(火)
f0229926_21322732.jpg

二日目。この日も暑かったので少しでも疲れないよう軽装にした。
縞の紬の単衣に、帯はイカットの布。
このイカットは名古屋帯用に売られていたものを
あえて仕立てずに、帯地のまま三尺ふうにぐるぐると巻いて
ちょうちょ結びにして羽根に出したフリンジを活かして
ふんわりと垂らしておくだけの帯結びだ。
軽装だけれど、半幅帯よりも後ろ姿に茶目っ気が出る帯結びになる。
そのちょうちょの結び目に、深い緑色のちりめんの帯揚げを通して
結び目が下がってこないように支えた。

*10月6日(水)は洋装。

*10月7日(木)
f0229926_21312332.jpg

この日の着物は、15年ほど前に
母親が近所の呉服商から買った藍大島の単衣。
はじめは袷にしたのだけれど、そのあと単衣に直して着ている。
私の好みの柄ではなかったものの、年齢とともに
違和感を感じることなく着られるようになった着物だ。
帯はキッパリとした緑色の伊兵衛織りの名古屋帯。
ひとえ帯なのだが、伊兵衛織りはドッシリと重みがある。
濃紺に鮮やかな緑をあわせるのがとても好きだ。
帯揚げは淡翠色のちりめん、
淡黄色の組紐に清水焼きの手鞠ふうの帯留め。

*10月8日(金)
f0229926_21302960.jpg

5日目はほんの少し気温が下がっただろうか。
あえて(お手頃クラスの)弓浜絣の木綿単衣に、
これも木綿の八重山ミンサー八寸名古屋帯をあわせた。
このミンサー名古屋帯も手に入れたのはもう15年以上も前になるだろうか。
このごろは優しい色合いの細やかな縞のミンサーが多く
それもなかなかいい雰囲気が出るのだけれど、
好みからいえば、昭和の名残りがあるような
パキッとした柄のミンサーの方が私は好きだ。
淡翠色のちりめん帯揚げ、緑色の帯締め。

*10月9日(土)
f0229926_21294534.jpg

個展の最終日は肌寒い雨の一日だったので、ようやく袷の着物を着た。
あたたかい色を意識して、ベンガラ色に似た朱茶の格子紬。
これも15年選手だが、落ち着いた朱茶の色のせいだろうか
買った当時よりも40代も半ばになった今の方が似合うようだ。
帯はこれまた10数年選手で、ごく淡く草木で染められた
ザックリ感たっぷりの無地の八寸名古屋帯だが、
この作者は「あけずば織」で知られる上原美智子さんという方。
漏れ聞いた話によれば、たしか現在のとんぼの羽根のように
薄く繊細な作風になられる以前に、買いはしたものの
使わずにずっと置いてあった糸を、青山の某呉服店主が
お願いして織ってもらったものだったと思う。
糸の節が大きく一見ゴワゴワして見えるが、
触ると手になめらかで実にしなやかな張りが全体にあって締めやすい。
これも愛用している大好きな帯のひとつだ。
淡鼠色のちりめん帯揚げ、灰色のドット線の真田紐に、
むかし外国人が表参道の露天で売っていた
皮細工の紅葉のブローチ(当時300円で買った!)を帯留めにして。

久しぶりで連日着物三昧した一週間だった。
洋服よりも扱いが面倒だったり、着る時間や手入れの手間もかかるけれど
10年20年と着られるのはやっぱり着物だから。
そして好みまるだしの着物や帯や小物の
組み合わせの妙味や面白さを存分に楽しんだ。
やっぱり着物は着てこそのものだ〜!とあらためて思った一週間だった。
Commented by naomu-cyo at 2010-10-12 00:25
 目に楽しい!そして最終日のお着物、いつか是非(予約/笑)。
Commented by team-osubachi2 at 2010-10-12 08:33 x
格子の着物ね、唾つけられちゃったね〜(笑)。いまようやっと似合う時期になったからまだまだ着ると思うけど、ゆるりと気長に待っててくだされ〜。
by team-osubachi2 | 2010-10-11 23:22 | 着物のこと | Comments(2)