間に合わせもの

今日はまた朝から暑さがぶり返したカンジ。
30度を越すとなると、着物はいったい何を着たらいいんだろう?
もっとも今月は袖を通すヒマがないから
そんな心配はいらないんだけど・・・。

近年はお彼岸をすぎて10月になっても暑いことが多い。
めったに柔らかもんを着ないせいで、現在単衣の小紋は一枚も持っていない。
私にとっての外出着は紬ばかりなので、
10月の後半までは陽気にあわせてもっぱら単衣の紬を着る。

毎日制作に追われつつも、煮詰まったときには逃避がてら(?)
個展で何を着ようかな〜?と心積りをする。
さすがにいちいち引き出しから出して、
帯との組み合わせをあ〜でもないこ〜でもないとみるヒマはないから、
頭の中でシュミレーションするだけなのだが
着物のことを考えるのは本当に楽しい。

f0229926_10543933.jpg

でも、今後のことを考えて、もう一枚くらい単衣を増やしてもいいかな?と
先日、はじめてネットオークションのところをのぞいてみたら、
あるわあるわ、わんさかと。でも玉石混交・・・。
そうか、知らなんだ。世の中はこんなコトになってたのか。

いかんいかん!と、つい見すぎて時間をつぶしそうになる中、
誰も入札していない中古美品の単衣の紬をポッとみつけ、
検討したのち、会員登録している相方に頼んで落としてもらった。

f0229926_105422.jpg

しつけはないものの、袖を通してはなかったのか
生地にしっかりと張りがあってまだ硬い。
身丈身幅はいいが、裄を少しばかり出したいところだ。

個展に着てから、冬の間に一度洗い張りに出して水をくぐらせたら、
次に袖を通すときにはまた風合いも変わってくるだろう。
何にしても、古物と承知で季節を優先に着る間に合わせの着物である。
by team-osubachi2 | 2010-09-21 11:28 | 着物のこと | Comments(0)