絵の具

私が愛用する絵の具は、透明水彩絵の具として有名な
英国製 WINSOR & NEWTON の Artists' Water Colour ですが、
一本 5ml の小さなチューブでも、
色によっては、お値段がけっこう高いものもあります。

30歳のころに、これからは透明水彩一本で描いていこうと決め、
名もないイラストレーターの稼ぎから
憧れの絵の具の48色セット箱と新しいパレットをまとめ買いしたときは、
本当にドキドキわくわく、
これから先のことを思って興奮したものでした。

f0229926_17324188.jpg

使用する紙は、いろいろ遍歴した結果、私的に相性がよかったのか、
これも英国製 WATERFORD 190g 荒目に落ち着きました。

でも、英国製の絵の具と紙を使っても、私が描くとなぜか西洋の色は出ず、
日本的な色になってしまうようです。
描いてゆくうちに、西洋的な色を出すのはあきらめました。
私なりに描いて自然と出てしまう色なら仕様がない、と
それを受け容れることにしたのでした。

上は、以前いただいたお仕事から。
by team-osubachi2 | 2010-09-03 09:37 | 仕事をする | Comments(0)