元気なカブトムシ

先日、相方の友人Yさん宅を訪問したさい、
こちらも相方の友人で無農薬の畑をやっているDさんが、
ご自分の畑で獲ってきたカブトムシ7匹を、
虫ケースにおがくずやら餌やらをセットして、
Yさん宅の子供たちにプレゼントしていた。

私は子供のころ、クワガタムシなどは獲った経験はあったけれど
残念ながらカブトムシは獲ったことがなかった。
よそのお宅のカブトムシだけど
いっぱい見せてもらい、触らせてもらった。

オスは、大体はそれぞれのんびりしているのだが、
突然ケースの中でガタガタと一斉に動き出したりもする。
ずっとおがくずの中にいたメスは、時間を計ったかのように、
宵の口にモソモソと出てきて活動をはじめた。
へえ〜、へえ〜、面白いなあ〜!

f0229926_945575.jpg

オスの角を指先で刺激すると、グイッと押し返してくる。
手のひらに乗せると、指の間にグッと頭を押しつけてくる。
肌で感じる生きものの感触に、すっかり忘れてしまっていた子供心が
ゾクゾクと呼び覚まされるカンジがした。

何十年ぶりに接したせいか、見ていてあきなかった。
けれども、飼いたいかと問われれば、答えは No である。
自然に育まれた虫は、やっぱり自然のまんま、
野にあるまんまが一番いい。
by team-osubachi2 | 2010-08-16 00:56 | 生きものの世界 | Comments(0)