イエメンの石鍋

アラビア半島の西南端に、イエメンという共和国がある。
私がイエメンを旅したのは6年ほど前のことになるが、
「アラブの最貧国」という不名誉な格付け(?)にもかかわらず、
今も大好きな旅先のひとつだ。

イエメンを訪れたその年に知り合って、
以来仲良くしている在日イエメン人の若い夫婦がいるのだが、
イエメンに残る古き良きアラブのホスピタリティを
この若い夫婦もしっかり受け継いでいる。

私よりうんと若い20代の妻のラニャは、
知り合ったばかりの頃は、まだ初々しい新妻だったのが
今では二児の母となり、オラオラな新米兼業主婦の私なんかよりも
はるかに心頼もしい専業主婦なんである。

その彼女が作るイエメンのしみじみご飯がとてもおいしくて、
口が恋しくなると、ついついこの夫婦のもとへ行って食べさせてもらう。
若いイエメン人夫婦に甘える私はただの「いやしんぼ」だ。

f0229926_233113.jpg

そんなイエメンご飯の調理道具のひとつに石鍋があるのだが、
出会ってほどなく、この若い夫婦から
ちいさな石鍋をひとつ分けてもらい愛用している。

教えたもらったイエメン料理のひとつ。
油をひいて熱したこの石鍋に、
みじん切りにしたタマネギとニンニクを入れて炒め、
さらに粗みじんに切ったトマト、塩、スパイスやハーブを入れて炒め、
最後に溶き卵を流し入れて、くしゅくしゅとかき混ぜただけのものだが、
石鍋のまま熱々の出来たてを食卓に出すので、
時間がたってもあったか〜くておいしい。

他にも教えてもらった料理は、作ることなく忘れてしまった。
いま弟の結婚式に参列するため、
子供と一緒に帰国しているラニャが、秋になって東京に戻ったら、
またイエメンのしみじみご飯を食べさせてもらいに行こう。
・・・ホントに、私はただの「いやしんぼ」なんである。
by team-osubachi2 | 2010-08-18 08:39 | しみじみご飯 | Comments(0)