<島>に戦争が来た

新潮社さんのお仕事で、作家 加藤幸子さんの新刊
『<島>に戦争が来た』のカバー絵を担当させていただきました。

太平洋戦争末期、日本のはるか遠い南の島を舞台に、
森羅万象の自然の中でおりなす、島の少女と朝鮮人青年の物語です。

f0229926_21434485.jpg

<島>に戦争が来た/新潮社
http://www.shinchosha.co.jp/book/345209/
Commented by 満月 at 2010-08-11 18:24 x
はじめまして。
素敵なカバーの絵にふと目が止まりました。
『<島>に戦争が来た』内容も興味深いので、早速本屋さんに行って参ります♪
Commented by team-osubachi2 at 2010-08-11 21:26
満月さん
はじめまして。コメントをありがとうございます。
戦争にまつわる8月に読むのにはオススメの本です。
もしも読まれましたら、
またちょこっと感想などお聞かせください〜。
Commented by けんた at 2010-10-16 22:11 x
こんにちわ、本を拝読しました。なんとも濃密で、不思議で、心地よい読書体験でした。本をとじて思わずため息をついて、表紙のカバーをあらためて見ました。すかっと突き抜ける南の海と島が、目に浮かぶようでした。この絵は、作品のカタルシスのひとつなのですね。今後のご活躍を心より祈っております。良い出会いをありがとうございます。
Commented by team-osubachi2 at 2010-10-17 14:24
けんたさん
こんにちは。本を読んでいただき、またコメントも寄せていただいて、どうもありがとうございました。
あの物語は独特の世界がありますよね。アニミズムにも通じる世界観とでもいいますか。
また今後とも、どうぞよろしくお願いいたします〜。
by team-osubachi2 | 2010-08-11 08:24 | 仕事をする | Comments(4)