縁は異なもの味なもの

人にはそれぞれ、偶然のような思いもかけない出会いがあるように、
私にも面白い出会いがこれまで数々あったけれど、
今回は、鹿児島県の最南端の与論島でそんな出会いをした。

f0229926_14442415.jpg

与論島についたのが昼すぎだったので、ホテルをでてから
どこでランチにしようかとブラブラ歩いていたら、
ちょうど良さげなイタリアンレストランがあったのでそこに入ってみた。

おいしいパスタでお腹を満たし、他のお客さんがひけたところで、
マダムに島のお天気をきいてみたのだが、その会話がはじまりで、
何故かそこからどんどんと話が広がっていき、
ひょんなコトから、このご夫婦が、むかし渋谷でお店を出していた頃に
なんと私のイラストの師匠・灘本唯人先生と親交があったということがわかり
「えええ〜〜っ?!」とお互いビックリしたのだった。

f0229926_9381595.jpg

このイタリアンレストラン「アマン」のご夫婦は
きけば東京、イタリア、札幌、そして3年ほど前に
ポッと訪れた与論島がすっかり気に入り、
それからすぐに移転して現在のお店を開かれたそうだ。
持って生まれた星と、きっと非常に気さくな人柄もあるのだろう、
全国さまざまな人たちと交流があるようなお二人だった。

しかし、東京と与論島と、なぜか灘本先生を介してピンポイントでつながり、
ご夫婦からは親切にいろいろと食べるところや
(今度来るときに)おすすめの宿や、
海遊びに向いている磯などを教えてもらい、
さらにお二人のご好意で、車を二日間にわたってお借りして
島のあちらこちらを見てまわるコトができた。

f0229926_9365514.jpg

「アマン」のご夫婦の紹介で知った、すぐ近くの「海カフェ」は、
茶花漁港を見下ろす丘の上の地中海風の建物の中にあり、
かわいいカフェ女子が一人でやっている、とっても居心地のいいカフェだ。

コーヒーもそのつど豆からひいているようで
アイスカフェモカも香ばしくて、とてもおいしかった。
屋内もいいが、雨が降らなければ緑のあふれるテラスでまったりするのもいい。
そののんびり感がキモチよくて、
また泊まったホテルからすぐそばだったせいもあってか
結局帰るまでに3度も足を運んだ。
与論島に行く人があれば、ぜひおすすめしたいカフェだ。

f0229926_9372252.jpg

島の北西部にあるホテル&レストランの「ヨロン島ビレッジ」の中にある
「たら」というレストランでは、
ランチに鹿児島名物のおいしい鶏飯(けいはん)が食べられる。
で、次の日も「たら」へお昼を食べに行き、
今度は油そうめんという、もずくと素麺を炒めて
あたたかい鶏ガラスープをかけまわした素麺もおいしかった。

この「たら」で100円で売られていたドラゴンフルーツを
一個買ってホテルで食べてみたら、とても新鮮でおいしかったので
翌日も行ったときに、また一個買おうとしたら、おかみさんが
「続けて来てくれてありがとう。せっかく来たのに雨が降っちゃってねえ」と
さらに一個おまけしてくれた。わ〜い!

結局お天気には恵まれなくて、海に入れたのはわずか半日だけだったけれど、
その分だけ、雨の中を散歩したり、島の人たちに親切にしてもらったりして
のんびり楽しい時間を過ごすことが出来たかもしれない。
まぁ、暑い夏なんだし、こんな旅もいいもんだ。

アマン
http://www.lares.dti.ne.jp/~fuente/aman/
海カフェ
http://www.churashima.net/shima/special/cafe/okinawa/umi_cafe/index.html
ヨロン島ビレッジ
http://yorontouvillage.jp/
by team-osubachi2 | 2010-08-04 09:25 | 旅をする | Comments(0)