電車でGo!

去年のこと、仕事などでもお世話になっている青山ゑり華さんで
面白い帯留めをみつけた。
イチイやシタンなどの木をつかって精巧に彫られた電車の帯留めだ。
日野譲さんとおっしゃる方の作品らしい。

私はいわゆる“ 鉄子 ”ではないけれど
でも、小さいときから電車が、いや、田舎風にいえば「汽車」が
線路を行き来するのを見るのが好きで、
今でも品川や日暮里あたりで、何本もの線路上を
たくさんの電車が並走するのを見たりすると、
ワクワクして数時間はその場にいられるような気がする。

まだ郷里の富山にいたころ、
家からすこし離れた場所にある北陸線を
列車や貨物列車の走るガタンゴトンという音が、
ときどき、かすかに風にのって、
あるときは夜中に目をとじたまま、耳だけが起きて聞こえてきたり、
またあるときは、お風呂でしずかに湯船につかっているときや、
あたたかい春の昼間に、開け放した窓から聞こえてきたりすると、
子供心にも、どこか遠くへいきたいような、
小さなケシ粒ほどのボヘミアン魂がゆさぶられるような
そんな心地になったように思う。

当時の客車は、まだまだ木の造りでドッシリしたものが多く、
今思い出してもノスタルジー感たっぷりで、
旅への誘いにはもってこいな乗り物だった。

f0229926_1945815.jpg


日野さんの彫刻はレーザーを使うので、ここまで精巧に出来るんだそうだ。
この帯留めにあわせて、線路に見えるような真田ひもをネットで探した。
これでこの電車もやっと走れることだろう。

青山 ゑり華
http://www.erihana.co.jp/
ゑり華/オンラインショップ・チドリ
http://chidori.in/
by team-osubachi2 | 2010-04-27 10:42 | 着物のこと | Comments(0)