古い漆喰壁

先週末は墓参のため、ちょっとだけ帰省した。

いまや(悠々じゃないけど/笑)自適な独り暮らしの弟が住むだけの実家は
建てられてから半世紀以上になるのだろうけど、
浴室とトイレ、車庫以外はずいぶん古びている。

幼いころ、たぶん保育園児のころだったろうと思うけれど、
親のいぬ間に鉛筆で玄関の入り口の漆喰壁に思いっきり落書きをしたことがあった。

手前に卵くらいの丸を描き、中をぐちゃぐちゃに塗りつぶしてから
長短さまざまなクネクネの放射線を走らせはじめ、仕舞いには左手で柱につかまり
鉛筆を持つ右手を伸ばせる限り遠くまでクネクネと大きく描いて
「へびのたまご」という“大作”を描いた。
自分でほれぼれするほど、伸びやかで大きな線だと思ったものだ。

たぶんあとで親からこっぴどく叱られたハズだけど、そこはまったく記憶にない。
残念なことに(?)、しばらくしてその大作は、
左官さんによってまた白く塗りつぶされてしまった。・・・ま、いいけど。w

f0229926_12432967.jpg

塗り直されてからももう数十年がたった我が家。
温暖化時代のおかげで近年は豪雪の重みからかろうじてまぬがれ、
どうにかこうにかよく持ち堪えてくれている。

もうあと何年か・・・そうね、
弟が人生をまっとうするまではがんばってもらわなくちゃネ。

# by team-osubachi2 | 2017-05-29 12:54 | 日々いろいろ | Comments(0)

先だって描いたRehabilitation-12『灯火がひとつあればいい』では
それまで打ち上げ花火みたいな恋をくり返してきた自分が、もうこりごりして、
派手でなくてもいい、自分にはいつもそっと照らしてくれる灯火が
ひとつあればいいのだと思ったことを描きました。

その灯火は、きっとどこか知らない町にいる「お相手」の灯火ともつながっていて、
いつか必ず出会えるとかたく信じていました。
やがて時期が訪れ、自分が信じた通りにその場所へと誘われ、出会い、今に至っています。

今回、その Rehabilitation-12 で描いた絵を、ひとつの試みとして、少し整理し、
ふたつに分けてあらためて描いてみました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f0229926_20194064.jpg

『どこか知らない町の灯りと』© tomoko okada

*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

絵として成功したかはまったく分かりません。むしろ失敗しているかもしれません。w
でも、いいのです。これは数年前に罹った手足の病を脱し、
再出発するために描いた自分のためのリハビリ絵なのですから・・・。

このふたつの絵を描き終えてしばらくしてから、面白いことに、
これは単に恋愛ばなしのひとつとして、どこか知らない町にお相手がいる
・・・ということだけでなく、仕事であれ、友だちであれ、
これから先出会うかもしれない様々な人たちの灯火とも
自分の灯りは繋がっているんだろうという考えが浮かんできました。

きっと、心に浮かぶ通りに、これからの私はまたあらたにいろんな人たちに出会い、
たくさんのことを体験してゆくのだろうと思います。
絵の中はまだ夜ですが、自分の中ではこれは夜明け前なのだという気がしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f0229926_20192368.jpg

『わたしの灯り』© tomoko okada

*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一年以上かけて描いてきたRehabilitationシリーズはこれでおしまいになります。
拙い作品ですが、これまでご覧くださった方々にこころからお礼を申します。
一連の作品を見てくださって、どうもありがとうございました。

そして、さあ!次の章へと歩みを進めることにいたしましょう!

感謝をこめて

岡田知子

# by team-osubachi2 | 2017-05-26 08:11 | らくがき帖

昨日はふた月に一度通う美容院で髪をさっぱりさせたあと、
表参道に移動し、DEE'S HALLで開催中の前川秀樹さんの像刻展を見に行って来た。

前回の展示ではじめて知った作家さんなのだけど、
はじめてみたときから前川さんの作品が持つ不思議な世界の虜になってしまった。
禍々しくて、そのくせどこか透明感があって美しくて・・・。

「人間臭い」というのとは違う。なんていうか天使と悪魔の混在というか
ぬめる泥田に咲く美しい蓮とか、濃い影の中にぐっと差し込む一筋の光明だとか、
そういう相反するものが同時に内在してる感じが好きなのかなあ?自分でもよくわからない。
でも、たとえ小さくても強い存在感と美があって、とても心惹かれる像刻たちなんである。

f0229926_08073555.jpg

その中に、もしも今、私に甲斐性があったら、これを連れて帰りたいなあと思った一点があった。
伐採木ならではの自然に割れて裂けた細く長い一本の木に先に彫られた
(卵くらいの大きさの)白いお顔は、これから観音像に生まれる一歩手前のような、
または観音像の役目を終えたかのようななんともいえない表情をしていて、
蓮か睡蓮と一緒に飾れたらさぞ美しいだろうなあ・・・と。

コレクターが多くいらっしゃるに違いなく、
開催二日目にしてすでにいくつもの作品に印がつけられていた。
どんなところに嫁ぐのかな?ご縁があった先ではどういう空間に鎮座させるのかな?
そんなことまで妄想して愉しんだ午後のひとときだった。

そのあと一件立ち寄ってから外苑前のいつもお世話になっているギャラリーへ顔を出した。
つい最近あたらしくやってきたという「ごんちゃん」に会いたくて♡

f0229926_08074648.jpg

年もまだ一才ちょっと。「二つ目」前の「前座」といったところか?
新参者にてただいま行儀見習い中だけど、賢そうな、でもいたずらっ子のような・・・。
はたして「真打ち」までイケるかは不明。w

またちょいちょい顔出して可愛がってあげよっと。珈琲、ごちそうさまでした♪


*前川秀樹 像刻展「月の居ぬ間に」/5月30日(火)まで表参道のDEE'S HALLにて開催中

# by team-osubachi2 | 2017-05-25 08:23 | 出かける・見る | Comments(4)

ブリューゲルのバンダナ

先週末、相方が美術好きの従弟さんと見に行って来たというブリューゲルの『バベルの塔』展。

まあ、内容等については見ていないので知らないのだけど
本丸にたどり着くまでに前座が長すぎというウワサもきこえてくる。

個人的には、相方の買ってきた図録に付いてた
実寸大「バベルの塔」の折り込みポスターで見られただけで良しとしよう。

で、相方がお土産に買ってきてくれたのがブリューゲルの版画のバンダナ♪
アラ!なんかいいじゃないの?!コレ〜!!

f0229926_19490177.jpg

ブリューゲルの前に開催してた版画の展覧会、見ておけばよかったなあ〜。
(去年か一昨年だったかな?なんて調べてみたら、もう7年も前のことでビックらこいたー!)

ふと思いついて、私に似てるコはいるかなあ?と天眼鏡片手に探してみる。

・・・およ?・・・これかしら?・・・犬?子羊?w

f0229926_19493569.jpg

相方に似てるのも探してみようかな?

・・・・・・あ?!・・・これ、似てるかも。虫ね?虫。w

f0229926_19500762.jpg

うーむむ、ブリューゲルってやっぱり変わり者だわ。

いろんなモチーフ見て愉しめそう。
使い勝手のよさそうなバンダナ、どうもありがとう!


# by team-osubachi2 | 2017-05-24 19:59 | これが好き | Comments(2)

着物がらみのお知らせをいくつかまとめておこうと思います。
ご興味のある方、お近くへお出かけの方は、ぜひお立ち寄りいただければと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*ぬぬぬパナパナのぬぬ2017

沖縄をはじめ、全国にいらっしゃる織り手さんの作品の展示の場ですが
今年は大阪展のみの開催になります。

5月24日(水)〜29日(月)/大阪阪急百貨店うめだ本店9Fアートステージにて
詳細はHPでご確認ください。
ぬぬぬパナパナ/http://nunupana.com
(播磨藍の村井弘昌さんのリレー日記も好評です)

f0229926_08260798.jpg

*追記

浦 令子さま

いえ、ちゅうさん
はじめてぬぬパナの会場を訪れたとき、白井仁さんのうちくいなどを眺めていたら
「あなたも仁さまファン?あっちの壁にかかってるあれもそうよ」と
気さくに声をかけてくれてありがとう♡
「ちょっと、お茶してく時間ある?」と誘ってくれて、ラ・ケヤキの前庭の設営カフェで、
一服しながらいきなり腹を割ったお話してくれましたっけね。

今年のご案内をいただいたあと、手紙を書こうか何度も頭をよぎっていて
大阪展が終わったら、ねぎらいのお手紙にしようなんて暢気に思ってたところだったのに・・・。
その大阪展のご盛会をお祈りしていますね。

あふれるような緑の中で、はじめて出会ったときの格好イイ着物姿、忘れません。
心からご冥福をお祈りいたします。合掌


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*キモノハイスタイル 東京2017春ー初夏のそよおひあそびー

質の良いリユース、リサイクル、ヴィンテージ着物を扱うことでよく知られる
「きもの今昔処 和楽市」さん、「きものはちす」さん、「きものなかむら」さんによる
合同販売会が開催されます。

5月26日(金)〜28日(日)/自由が丘の大塚文庫にて
オープン時間が各日により異なりますのでご注意ください
キモノハイスタイル/http://kimonohighstyle.com
*画像をクリックしていただくと、大きく表示されます

f0229926_08342856.jpg

f0229926_08344271.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*灯屋2 夏の企画展

夏もののアンティーク着物や帯などの展示会です。

5月27日(土)〜6月4日(日)/灯屋2銀座店にて

f0229926_08480798.jpg

f0229926_08485758.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*第1回カタコトの会展

型彫り、型染めを手がける方々の会の会員の方々によるはじめての展示会です。
会期中、いろんな実演やトークイベントがあります。(14:00〜15:30/無料)

5月30日(火)〜6月4日(日)/江戸からかみ東京松屋4階にて
*画像をクリックしていただくと大きく表示されます

f0229926_09011829.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*映画『ふたりの旅路』ーKIMONOが、あの人を連れてきてくれた。ー

桃井かおりさんとイッセー尾形さん主演の映画です。ラトビアの風景が気になります。
6月24日(土)から渋谷ユーロスペースほか全国にて公開。

映画『ふたりの旅路』HP/https://www.futarimovie.com






ご興味のある方はぜひお出かけください ♪

# by team-osubachi2 | 2017-05-23 09:17 | お知らせ