足首

昨日は風はわずかにひんやりしていたけれど、
空は見事な日本晴れ!・・・だった。

f0229926_15424792.jpg

お習字へ行くのに、正座もしやすいダボダボなサルエルタイプのデニムの裾を巻きあげ、
お気に入りのルコックのスニーカーで・・・ルン♪

f0229926_15425991.jpg

この春ようやく出した足首。
いーのいーの、出遅れてても。冷え性にはおされよりもまずは防寒よ。w

慌てなくても、これからいくらでも夏履きシーズンだもん。
(左足に無理はさせないように気をつけながら)今年こそは履くどー!サンダル♪

# by team-osubachi2 | 2017-04-24 16:15 | 日々いろいろ | Comments(2)

それはどこか見知らぬ海辺の岬のはしっこ、、、といった景色でした。
よく晴れていて、春めいた淡い空色に雲がいくつも流れていきます。
心地よい海風に足もとの草がそよぎ、そこにポツンと座る自分の後ろ姿がありました。

あるとき、いつまで海の向こうばかり見てるんだろう?・・・と不思議に思いました。
以前のように崖から暗闇の谷底へ転落した時期とは違い、
まわりの景色はおだやかで明るくのんびりしているのに、
自分の後ろ姿はひとりぽっちで水平線のはるか向こうを見てばかり。
そんな心象風景が何日も何日も続くうちに、そうか、
今の自分は静かにしみじみと孤独なんだ・・・と気がついたのでした。

そうこうするうちに、巡り巡っていまの相方に出会ったのちのある日のこと。
いつものように岬の端っこに孤独そうな後ろ姿が見えているなあと思った次の瞬間、
私自身がその孤独そうな自分にむかってズンズン歩いていき、
手をかけたと思ったら、その後ろ姿を軽々と持ち上げ去っていったではありませんか!?
えー?どゆこと?
今まで見ていた孤独な後ろ姿は、なんとただの「書き割り」でした。
なんだ、この孤独な姿って自分で描いていたのか?!
自分の中の心象風景といえども、その展開に思わずポカーンとしてしまいました。

そこで思ったことは、孤独とは、他によってではなく
“自分で自分をそのように描いている”だけなのかもしれないなあ〜ということでした。
もちろんケース・バイ・ケースでいろんなパターンがあるのだろうと思いますが、
そう、自分の孤独なんて、まわりの人間には関わりのないことですし
近しい家族や親しい友人たちでもときには手に余る代物ですから、
出来ることなら、自分で描いた孤独は(もちろん周りの手助けを受けながらも)、
いつか自分自身で片付ける方がいいのですよね。
、、、なんて、十年ほど前、そんなことを実感した時期がありました。


f0229926_17085164.jpg

『孤独を描く』© tomoko okada

*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます

# by team-osubachi2 | 2017-04-23 09:59 | らくがき帖

これも昭和な藍木綿

昨日は友だちのおうちへ行って、ほんの少しだけ断捨離のお手伝い。

そして、「あなたに似合いそうなのが出てきたのよ」と
友だちのお祖母さんのだったらしい藍木綿の単衣を一枚いただいてきた♡

f0229926_11064618.jpg

桐の花とおぼしき模様と、これは何菱というのか幾何学模様が
緯(よこ)糸の絵絣で織られていて、ふ〜む、おそらくは弓浜あたりかな?
または山陰地方のどこかの出かしらん・・・と推察する。

私が自分で誂えた平成の弓浜絣とは糸がまるで違う。
たぶん昭和の中後期あたりに織られたのかな?ふっくりとした手紡手織の糸の様子も、
正藍の絣脚の色もとてもきれいで、丁寧な仕事だなあって思う。

f0229926_11065752.jpg

寸法を計ってみれば、なんと身丈は私よりも大きい。裄も充分。でも普段着物らしく袖丈は短め。
どのくらい袖を通されたのか、まだまだしゃんとしているから
また洗い張りに出して、仕立て直してもらおうかな。
とはいえ、いったいいつ着られるようになるかは毎度のことながらまったく不明・・・。

こういうおおらかで素朴さが感じられるような紺絣が好きで、
(とはいえ、もしも自分で選ぶとしたら男っぽい小絣になっちゃうけど)
自分で言うのもなんだけど、元が田舎の出身だからか、
こういう田舎風(?)の紺絣は私の顔によく似合うんだ〜。w

ごく普段に着るなら無地や縞の八寸帯とかを合わせるといい。半幅帯ならもっと気楽でいい ♪

そうね、たとえばこんなのとか。
人さまからいただいた八寸帯のなみなみ模様を活かしたくて自分で半幅にかがったもの。

f0229926_11071222.jpg

同じく友だちのお祖母さんのリバーシブルの無地帯だったものを半幅に直したもの。

f0229926_11072331.jpg

大好きなミンサー帯ならどれも全部も合うわ〜♡

f0229926_11074062.jpg

田舎風の絣も、白い博多でキリリと辛口にするのもいい。
これもいただいた博多帯の単帯を自分で半幅にかがったもの。

f0229926_11075329.jpg

はあ〜、愉しいなあ〜♡こんなことしてると時間を忘れちゃう。

で、昨日はめずらしく朝からわずかな目眩と頭痛で調子があがらず、
(もしかしたら前日水分補給に失敗して、ごく軽い熱中症予備軍に?)
たいして断捨離の役にはたてないくせに、食欲は問題ナシだものだから
友だちのママさんに美味しいランチをごちそうになり、
さらに着物までしっかりもらって帰ってきて、
はて、私はいったい何しに行ったんだ?・・・という一日だった。w

# by team-osubachi2 | 2017-04-21 11:46 | 着物のこと | Comments(6)

明日「GINZA SIX」オープン

東京で一番好きな街はどこですか?
・・・ってきかれたら、「銀座♡」って答える。
田舎から上京し、はじめて歩いたその日から、今も変わらず銀座が東京で一番好き。

買い物が出来るとか出来ないとかじゃなくて、
「歩いていてわくわくする ♪」ただそれだけの事なんだけど。

去年まで歯抜けになったようだった銀座四丁目の交差点から六丁目がピカピカな春ですね。




明日オープンする「GINZA SIX」・・・今度出かけるついでに
もしも時間があって、そうですねえ、気が向いたら、そっと覗いてみましょうか。

# by team-osubachi2 | 2017-04-19 08:38 | お知らせ | Comments(2)

肉らしい豆な姑?!

昨夜のしみじみご飯。主菜は乾物をメインにしてみた ♪

f0229926_14082784.jpg

パッと見、豚肉と間違えそうになるけど、
わかる人にはすぐわかる、いわゆる“畑のお肉”っていう“もどき食品”ですね。

むかし表参道にあったデザイン事務所へ勤めていたころ、
「ナチュラルハウス」さんで買うお弁当によく入っていて、それで知った“畑のお肉”。
どこの誰が考え出したのか知らないけど、実によく出来た乾燥大豆食品であ〜る。
玉葱と炒めて、醤油と味醂と擦り生姜とで甘辛く味付けたものが好き♡

f0229926_14084026.jpg

良いんだか悪いんだか、このネーミングセンスについヤラレてレジへ。w
(ちなみに『肉らしい豆な嫁』ってゆー鶏肉もどきもあり、Amazon等でも購入可能)

甘辛いお料理以外にどんな調理方法があるのか、ちょっと調べてみようっと♪

# by team-osubachi2 | 2017-04-18 14:27 | しみじみご飯 | Comments(0)