クレーの天使のように

昨夜おそくのこと。
お風呂上がりにドライヤーで髪を乾かし終えて、
ふと洗面台の水槽のふちを見たら・・・

あ、本日のスマイル、みっけ♡


f0229926_07322565.jpeg


ハラハラとドライヤーに吹き飛ばされた木の葉髪が描いたスマイル。

iPhoneで写真を撮りながら、何かを思い出すなあ〜、と思っていたら

・・・あ、パウル・クレーの天使だわ♡


f0229926_07323745.jpeg

今日もお疲れさま。いい夢を・・・って言われたみたいだったなあ〜♪

どなたさまもどうぞ素敵な週末をお過ごしください。

# by team-osubachi2 | 2017-09-24 07:53 | 日々いろいろ | Comments(2)

朝のうちはまだ日差しがあったのに、お昼ごろから急に空が重たくなってきた。
洗濯物を取り込もうとしてベランダに出たら、くるっくーくるっくー♪と声がするので
お隣の建家の方を見たら、電線上でハトが恋のアピール中?・・・だった。

あら、今ってつがう時期なの?
それともフリーのハトは今のうちからパートナーを見つけておく時期?

f0229926_17282273.jpeg

テレビなどで、だけど、いろんな鳥たちの生態を見てきて思うのは、
人間の恋愛・結婚のさまざまなパターンのすべてが
鳥類のつがい方や産卵・子育てのパターンの中にあるということだ。

生涯添い遂げて、巣作りから子育てまでを一緒にする鳥もいれば、
一瞬だけペアを組んであとはお互い無関心という鳥もいる。

生涯連れ添うフリをして、じつは旦那がちょっと家を空けてる隙にしれっと間男するメスもいるし、
好きな相手を見つけて産みさえすれば、あとは父親になるオスにまかせて去ってゆくメスもいるし、
他所ん家(巣)にたくみに忍び寄って自分の子だけ育てさせる強者のメスもいるし、
ほかのメスたちの卵も一手に引き受けて自分が代表として温め、
孵化させもし育てもするそのかわりに、自分の卵だけは巣の中心に置いて、
まわりの卵はもしもキツネなどの天敵に襲われても文句を言わせないメスもいる。

オスたちも負けてはいない。
のど自慢なんてのは可愛いらしいもので、かならず魚のプレゼントを用意してメスにアピールしたり、
チョー派手ハデな衣装に魅惑的なダンスまでしてにメスにアピールするのもいれば、
せっせと家(巣)を用意し、産卵したあとは自分でかいがいしく卵を温め
孵化したのちは子育てもする健気で涙ぐましいオスもいる。

ゴシップ記事などでいろんな人間模様をみるたびに、
鳥にもいるよ、そんなのが、と思うのは私だけかしらん?
なにせ鳥類の方が人類よりもはるかに先祖が古いだけのことはあるかも・・・ね?

電線のハトはというと、かなり接近して、あともうちょっとでキスくらいは交わせそう!
・・・ってところで、あら、あっさりフラレて二羽の間には距離が出来てしまっていた。。
オスはまだカラダを膨らませたまま、くすぶっているようだった。
残念だったね。また次のチャンスに頑張りたまえ。

さて、珈琲を淹れて、また机に向かうとしようか。

# by team-osubachi2 | 2017-09-22 14:14 | 生きものの世界 | Comments(4)

煮干しの水出汁

今月は忙しい。
遊びに出かけたには、月のあたまに二日ほど。
相方と深谷の書道家夫妻を訪ねたのと、
また別の日に着物友だちと松濤美術館へ古い更紗布などを観に行ったくらい。

あとはひたすら缶詰め状態で仕事と家事の日々。
気晴らしは近所のスーパーへ買い出しに行くことくらいかなあ〜。
丘を降りたり登ったりは運動不足対策でもあるけど。

まだ多少の残暑はあっても、もう秋だ。
お味噌汁の出汁も鰹節だけじゃなんだか物足りない気がするときは
煮干しの水出しの出汁を使う。

夕方、お米をとぐ前に煮干しを丸ごと水に浸しておいて小一時間。
ほんのり黄金色の出汁が出たところでふやけた煮干しを取り出し、
頭と骨とワタのところを取り除いた身をサッと洗って、
ほぐした身は味噌汁の具材と一緒にお汁にしていただく♪

f0229926_08535486.jpeg

ゆうべは厚揚げとネギのおつゆ。
椀の底を箸で探れば、厚揚げとネギの下からちょろりと現れる小魚をみるたびに、
落語「味噌蔵」の中で、具なし汁を食べながら主のケチぶりをけなす
お店の者たちの台詞が浮かんでしまうんだよね。w

f0229926_08540689.jpeg

八月のあたまに築地場外での火災があったけれど、
それ以前にもうお店を閉めてしまった乾物屋さんがあった。

姑どののご指南で知ったお店で、おじいさん三人で切り盛りしていたのだけれど、
諸事情があったのかなあ、ついに閉店してしまい、
次に買い出しに行ったらどこで煮干しを買えばいいのかわからなくなった。

そろそろ削節もきれる寸前だし、来月あたり姑どのを誘って
(といってもあちらから誘われることの方が多いんだけど)ひとっ走り行ってこなくちゃね。

# by team-osubachi2 | 2017-09-21 13:43 | しみじみご飯 | Comments(4)

はがき絵を描く−4

春向きのはがきに、小袖を召した女性をひとり、モチーフに描きました。
この女性にはあえて彩色は施されません。

が、まわりに花を描いたあと、女性の顔に少し紅をさしました。
素っ気なかったような顔が、ほのかに華やかになったように思います。

f0229926_12152171.jpegf0229926_12154335.jpeg

私自身のことでいえば、若かりしころにはむしろさけていた赤い口紅でしたが、
このごろめっきり女っ気(?)が失くなってきたせいでしょうか、
ともすればオヤジっ気の方が全面に出てしまいそうになります。

せめて着物を着たときくらいは・・・と、赤の色味が強い口紅をうすく使うようになりました。
ことさらなメイクはしないのですが、口許にわずかな赤い色があるだけで
頬まで照り映えて顔全体が明るくなるような気がします。(錯覚ではないことを願いつつ・・・笑)

ごくわずかな面積でも、赤の効用は大きいですね。


*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます

# by team-osubachi2 | 2017-09-19 14:02 | 仕事をする

いもくりなんきん

世の中は三連休。
でも台風18号のおかげで予定をキャンセルし、家で大人しく仕事をする三日間である。

土曜は朝から暗いし寒いしで一日はぐうたらを決めこみ、一日眠いままに寝てすごした。
いいのよ、たまには一日寝ておわっちゃったなんて日があっても。
おかげで(ローガン鏡のせいもあるのか)眼精疲労と肩こりも解消よ!

台風一過の今日は、一昨日の寒くて暗いお天気が嘘のような澄んだ青空だ。
洗濯物ももちろんベランダに出して干す。
気温は高いけど、風が乾いていて心地いいなあ。

f0229926_12254639.jpeg

季節を迎えてリンゴが安くなったので、
レンチン蒸ししたサツマイモと一緒にフライパンでバター焼にする。

ただバターで焼くだけでサツマイモの表面はすぐにカリッとなる。
同じフライパンで焼いたしっとりリンゴを添え、
メイプルシロップか蜂蜜を少しかけていただく自然な甘さのハーモニーがたまらない。

週末のおめざによく作るプレートはこんな感じ↓ 秋から冬にかけての我が家の好物だ。

f0229926_12251043.jpeg

カボチャも安くなったのが出回りはじめた。
一昨日はキャベツと一緒にポタージュにしていただいた。

レストランなどでは生クリームを使うんだろうけど、うちは牛乳でサラリと。
それでも充分美味しく仕上がるんだもん。
ひと手間かかるけど、野菜のポタージュって滋味あふれててホントに美味しい。

f0229926_12252936.jpeg

今日は見事なくらい雲一つない青空だ。
・・・ああ、天高し、いもくりなんきん ♪ そういう季節になったんだなあ〜。

あ、栗はないの。栗は高いからね。w
いつかたっぷりと大粒のいいのを仕入れて渋皮煮に挑戦してみたいけど、
今はまだそのときじゃないみたい。

さ、珈琲でも淹れて、仕事に戻りましょ。

# by team-osubachi2 | 2017-09-18 15:07 | しみじみご飯 | Comments(0)